ご来館の皆様へお願い

 ~新型コロナウィルス感染拡大防止にご協力ください~

 

来館される皆様に安心していただけるように、次のような対策を行います。

皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

 

【来館時のお願い】

①発熱や咳などの風邪症状の見られる方は、無理をせず来館をお控えください。

②入館時はマスクの持参・着用をお願いいたします。

 

【館内でのお願い】

①感染予防のため、手洗い・消毒の徹底をお願いいたします。入り口に消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。

②人と人との十分な間隔(2mを目安に)をお取りください。また、紙漉き体験は3密(密集・密接・密閉)を避けるため、少人数のグループに分かれていただく場合がございます。


What's New(新着情報)

 

【石州和紙会館新聞】2020.12.2 第44号 12月号発行

 

【会館からのお知らせ】2020.11.15 年末年始休館のお知らせ

 

【動画倶楽部】2020.11.10 新開設!動画倶楽部。第1弾「石州和紙を使った障子の張り替え」

 

【廊下の企画展】2020.10.6 2021年1月~2月の廊下の企画展が決定

 

【イベント】2020.10.6 「和紙と灯りの夕べ2020~今できることを~」12月に開催決定!    

 

【会館からのお知らせ】2020.10.5 MONOCLEのHPに石州和紙の動画公開

  


概要


石州和紙会館の役割 

重要無形文化財の指定を受けた「石州半紙」を代表とする石州和紙は、明治時代には6,000軒を超す事業所が営んでいましたが、年々減少し、現在では4軒となりました。こうした背景から平成20年10月に石州和紙会館を開館しました。

 

石州和紙会館の目的】

●石州和紙の手すき技術を伝承する研修施設とし、あわせて後継者の育成を図ること。

●石州和紙の生産に必要な設備・備品を整備し、事業所の生産活動を支援すること。

●石州和紙を国内外に発信し、さらなる普及や新たな利活用の推進を図ること。

 

 

体験と展示室

 和紙会館の工房内では、石州和紙製造の全工程の作業ができる他、紙漉き体験もできます(要予約)。展示室では、様々な商品を一堂に展示し、地域と密着した施設となっています。

 

 

開館時間

午前9時~午後5時

 

 

休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)

年末年始(12.28~1.4)

 

 

入館料

無料